話題の「イシュタール」成分について

イシュタール美容液の成分について特徴をまとめました

 

 

 

 今話題のイシュタール美容液の成分について調べました。
      ご購入時の参考にしてみて頂ければと思います。
 

イシュタールの成分の特徴は4つ。

1.  日本古来の「和」の素材で、環境に振り回されない肌に整えていく
2.  様々な化粧品等にも使われている、実績のある成分を配合
3.  特許技術のラメラ構造で、角質内部のラメラ構造の乱れを整える
4.  肌に悪い成分5つのフリー

 

 

1.   日本古来の「和」の素材で、環境に振り回されない肌に整えていく

 

イシュタールには、日本古来よりの伝統的な植物が持つ力、肌本来の力を正常に戻す力に着目しています。
すべて国産有機成分です。

 

成         分

特               徴

ソメイヨシノ葉エキス(兵庫、岡山、京都産) サクラ葉エキスで角質をみずみずしく整える
ヘチマエキス(奈良産) 角質の潤いの保持、キメを整える、肌トラブルの防止
加水分解ダイズエキス(黒寿仙 兵庫、丹波産) 高機能なダイズエキスとして製品化された化粧品原料、肌の調子を整える、ハリを保つサポート
チャ葉エキス(紅富貴 鹿児島産) 保水力の保持、弾力のあるみずみずしい肌へのサポート
加水化分解コメエキス(兵庫産) 水分保持機能のサポート、紫外線などの外的ストレスから肌を守る

 

 

 

2.   様々な化粧品等にも使われている、実績のある成分を配合

 

 

いろいろな化粧品等にも使われている、おなじみの成分です。

成          分

特                     徴

EGF(ノーベル賞受賞成分) 保湿成分 たんぱく質の一種で、人が本来持っている成分。きめの整った、透明感のある肌をサポート
フラーレン(ノーベル賞受賞成分) 肌サビを生む活性酸素のアプローチ、ツヤやハリを取り戻すサポート成分
3種類のセラミド 細胞間脂質の構成成分の1つ、保湿力に優れた成分
水溶性プロテオグリカン EGF様作用成分、EGF同様乾燥やエイジングケアのサポート成分、保湿成分
ビタミンA 保湿成分、皮膚の保護、肌トラブルの防止
ビタミンE 保湿成分、ターンオーバーのリズムを整える、潤い・ハリをサポート

 

 

 

 

  その他の成分は下記公式サイトからも確認できます↓↓ 

 

 

 

 

 

 

 

3.   特許技術のラメラ構造で、角質内部のラメラ構造の乱れを整える

 

肌の角質層内部には「ラメラ構造」が存在します。
角質層内部には、油分と水分が交互に、規則正しく何層にも重なっている部分があります。
交互に何層にも重なっていることから、ミルフィーユのような状態とも言われます。
 
それをラメラ構造というのですが、このイシュタールの美容液も角質内部と同じラメラ構造で出来ています。
そのため非常に浸透が良く角質内部のラメラ構造にアプローチできる美容液です。

 

 

 

 

4.   肌に悪い成分5つのフリー

 

イシュタールはデリケートな肌にもやさしい低刺激処方の美容液です。

 

  • 合成着色料フリー
  • 鉱物油(ミネラルオイル)フリー
  • パラベンフリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • エタノールフリー

 

さらに、3つのテスト済みです。
 

  • アレルギーテスト済み
  • パッチテスト済み
  • スティンギングテスト済み

 

新しい化粧品を試してトラブルが出たことがある方は、お肌がデリケートに傾きやすい時期は避け、安定しているときに試すことをお勧めします。

 

 

 

公式サイトで、詳細を確認できます。≪ 公式サイトはこちらから ≫

 

 

 

 

 

 

 

建築物の中で過ごしていても…。

美白を継続するために忘れてはならないことは、何と言いましても紫外線を浴びないようにすることでしょう。近所の知人宅に行くといったケースでも、紫外線対策を忘れないようにしてほしいと思います。
容貌を若く見せたいとお思いなら、紫外線対策を施す以外に、シミを良化するのに効果的なフラーレンが内包された美白化粧品を使うべきです。
お尻であるとか背中であるとか、常日頃ご自身では気軽に確かめることが不可能な箇所も放置することはできないのです。衣類とすれることが多く皮脂の分泌量も少なくない部位ですから、ニキビができやすいのです。
春季に入ると、肌に潤いがなくなってしまうとか肌の痒みが尋常でなくなるといった方は、花粉が誘因である肌荒れ「花粉皮膚炎」の可能性があるとのことです。
顔ヨガに精進して表情筋を発達させれば、年齢肌に関する憂いもなくなります。血液の巡りがスムーズになることで乾燥肌対策にもなり、シミだったりしわにも良い影響を及ぼします。
日焼けを予防するために、強力なサンスクリーンを塗りまくるのはよろしくありません。肌への負荷が小さくなく肌荒れの元になる危険性があるので、美白どころではなくなると思われます。
ニキビに対しましてはスキンケアも大切だと言えますが、バランスに秀でた食生活がとても大事になってきます。スナック菓子だったりファーストフードなどは避けるようにした方が得策です。
断続的な肌荒れは、個々人に危険を告知するシグナルなのです。体の異常は肌に現れますので、疲れが溜まったと思ったのであれば、思い切って身体を休めることが大切です。
建築物の中で過ごしていても、窓ガラスを経由して紫外線は入って来るのです。窓際で長く過ごす場合は、シミ対策としてUVカットカーテンなどを付けた方が良いと思います。
運動不足に陥ると血流が悪化してしまいます。乾燥肌で参っているのでしたら、化粧水を塗るのは当然の事、運動を行なって血の巡りを円滑化させるようにしていただきたいものです。
美肌を目指すなら、基本となるのはスキンケアと洗顔だと覚えておいてください。両手いっぱいになる泡を作って顔の全体を包み込むように洗い、洗顔が済んだら確実に保湿しなければなりません。
太陽の光線が強烈な時節になると紫外線が気に掛かりますが、美白になりたいと言うなら春とか夏の紫外線が異常なくらいのシーズンにとどまらず、それ以外の季節も紫外線対策が要されます。
まるでイチゴみたいにブツブツした黒ずみが気に掛かる毛穴も、オイル&綿棒を使用して地道にマッサージすれば、スムーズに消除することが可能なはずです。
洗顔については、朝・晩の各1回が基本であることを頭に入れておきましょう。それ以上実施すると肌を防護するための皮脂まで落としてしまう結果となりますから、思いとは逆に肌のバリア機能がなくなってしまうことになります。
「界面活性剤が混ぜられているから、ボディソープは肌に負担を与えるはず」と思い込んでいる人も多いらしいですが、今の時代肌に悪影響を与えない刺激を低減したものもたくさん市販されています。